• ホーム
  • レビトラの副作用は?効果と通販について

レビトラの副作用は?効果と通販について

満足する男性

レビトラは即効性の高いED治療薬として知られており、多くのリピーターに愛用されています。
その有効成分はバルデナフィルと呼ばれる物質で、水溶性が高いことから、体内に吸収されると早い人であれば20分程度でその効果を発揮しますから、パートナーと急にセックスする場面が訪れても慌てることはありません。
また、食事の影響を受けにくいことも大きな特徴です。
一般的に700kcalまでの食事であれば、その効果に大きな変化はないとされていますから、軽い食事であれば問題ありません。
なお、レビトラの作用時間は容量が20mgのもので20時間程度ですから。
一度服用すれば、翌日までは効果が持続しますので、ゆっくりとセックスを楽しむことができます。
レビトラの有効成分であるバルデナフィルには、勃起に必要なcGMPの分泌を阻害する酵素であるPDE5の過剰分泌を阻止し、陰茎部の血流を促す効果があります。
しかも、即効性が高いことから、急激に陰茎部に血液を流し込みますから、強度の面でも効果を発揮します。
一般男性の場合、リンゴほどの硬さが理想とされていますが、レビトラはこの強度を十分に期待できます。
その反面、副作用も避けては通れません。
バルデナフィルの血管拡張作用の影響で、服用した9割近くの人が「顔のほてり」「目の充血」「頭痛」「動悸・息切れ」「鼻づまり」といった症状を実感しています。
もちろん、その症状は軽度なものですから慌てる必要はありません。
ただし、心筋梗塞や狭心症などの心臓病を治療中であったり、治療後6か月以内の人は注意が必要です。
特に硝酸剤などを含んだ治療薬は、併用禁止薬ですからレビトラとの併用は厳禁です。
レビトラには医療用医薬品であるため、医療機関による処方箋が必要であり、5mg、10mg、20mgの容量がありますが、5mgは効果が低いことから殆ど扱われていません。
そのため、10mgと20mgのどちらかを医療機関において判断して服用することになります。
医療機関以外では、個人輸入サイトの通販を利用する方法もあります。
もちろん、通販自体は違法ではありませんが、偽造品が出回っていますので注意が必要です。

レビトラを安全に入手するには病院での処方が一番

レビトラは非常に人気の高いED治療薬ですが、日本国内で入手するためには医療機関の処方箋が必要となります。
しかしながら、医療機関に行く時間がない、費用が高い、恥ずかしい等の理由で、ネットの通販で購入する人も少なくありません。
医薬品をネットで購入する場合、個人が自分の使用目的で個人輸入サイトから購入することは薬事法で認められていますから問題はありませんが、昨今、偽造品が数多く出回っていることは認識しておく必要があります。
レビトラの偽物は、主にアジア圏の諸外国で生産・販売されていますが、外見は正規品と変わらないので見分けがつきません。
その中身については、全く有効成分が含まれていないもの、一部有効成分が含まれているもの、正規品と同等に有効成分が含まれているものがありますが、素人では判断できるものではありません。
また、有効成分が含まれていたとしても低品質のものであったり、有害な成分が混在していることも多く、偽造品を服用したことによって重度の副作用を引き起こすなど健康被害を被ることも少なくありません。
この場合、治療費は自己負担になりますから、さらに大きな痛手になることは間違いありません。
因みに、医療機関の処方箋によって購入したレビトラで健康被害を被った場合には、救済措置を受けられる制度があります。
医療機関ではレビトラを処方する場合、非常に簡単な問診だけで処方箋を交付しています。
また、服用時の注意点や症状に適した容量をアドバイスしてくれますので、安心して服用することができます。
したがってレビトラを安全に入手するには医療機関で処方箋を交付してもらいのが最良の方法です。
通販で購入するという方法もありますが、レビトラはジェネリックが製造中止となってしまったので今後レビトラは先発品を通販で買うことになるでしょう。
一度病院処方を受け、使用に問題が無ければ通販でレビトラを購入。という方法がおすすめです。

サイト内検索
人気記事一覧