• ホーム
  • 女性が性欲を上げるためにはフリバンセリンが効果的?

女性が性欲を上げるためにはフリバンセリンが効果的?

EDに悩む男性が多くなっている一方で、女性だって性欲の低下でオーガスムスを感じず悩んでいる方もいるのです。
そういった方におすすめなのがギロサです。フリバンセリンという名前で知っている方も多いでしょう。
フリバンセリンは女性の性的欲求低下障害の治療薬として世界で初めて承認を受けた薬です。
アメリカなどでは多くの女性が服用し効果を得ているものの、副作用の危険性もあり日本では承認されていません。
とはいえ、個人輸入代行業者を通じて日本でもインターネットで手軽に手に入れることはできます。
とはいえ、服用すると興奮してくるような媚薬的な存在ではありません。
年齢を重ねる中で性欲が減退してきた更年期前の女性向けなのです。
気になる相手にこっそり服用させても、あなたのことをなんとも思っていないのであれば濡れることはないのでうまく利用してやろうという気持ちを持つのはやめておきましょう。
服用してすぐに効果が出てくるわけでもありません。4週間から8週間程度、毎日服用を続けなければなりません。
それにより、身体ではなく脳に直接作用します。
ドーパミンの分泌や伝達が向上し、性的欲求の高まりが活性化されるのです。
セロトニンの分泌を抑える作用もあるため、ドーパミンが働きやすくなります。
服用を続けている間はアルコールを控えなければなりません。副作用のリスクが高まります。
毎日晩酌をしていたという方にとっては使いにくい薬なのです。
人間にとっては性行為というのは単なる生殖行為ではなく、パートナーとの関係を円滑に保つためにも必要とされるものです。
性生活がうまくいかず、離婚とまではならなくともパートナーとの間がぎくしゃくしてきてしまっては大変です。
それに、いつまでも二人で楽しみたいものです。だからこそ、フリバンセリンを試してみるのもいいでしょう。
ただし、信頼できる個人輸入代行業者から手に入れるようにし、正しく服用するようにしましょう。

フリバンセリンの副作用は?

フリバンセリンにはいくつか副作用があり、アメリカのFDAから過去承認を見送られた経緯があります。
副作用としてはめまいや吐き気、失神や眠気などがあり、特に失神が問題視されました。
フリバンセリンの一般的な副作用としては添付文書などに記載されているので注意する必要があります。
よく聞かれるのが吐き気やめまい、眠気や疲労感が多く、中には口腔内乾燥などもあります。
失神は朝にフリバンセリンを服用した場合や、アルコールといっしょに服用したり他剤を同時に服用していた場合によく見られます。
決してアルコールと同時に服用しないよう注意が必要です。
フリバンセリンは女性の性的欲求低下障害治療薬としてアメリカで初めて認可され、閉経前や更年期障害の人に人気があります。
症状を改善することでオーガスムスを得ることができたり、パートナーとの関係を改善することが可能です。
ドイツではギロサという呼ばれ方もされていて、世界中の人が利用しています。
男性が使用した場合の副作用は女性のものと同様ですが、ドーパミンやノルアドレナリンが増加したり、セロトニンは抑制されるので女性と同じく性欲が増加される可能性があるでしょう。
同時に射精が早くなる可能性があります。
射精はノルアドレナリンやセロトニンが相互調整しているので、ノルアドレナリンが優位に立つと射精が促進される効果があります。
基本的に女性が使用するものですが、男性が使ったとしても身体に害はないでしょう。
フリバンセリンはインターネット通販を利用するとリーズナブルな価格で注文することが可能です。
中身の見えないプライベート梱包サービスが利用できるので、周囲の人に気付かれずに購入することができます。